ネコのレチェとガーデニング


by rechereche6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:♪English Roses( 27 )

新しいバラ

今年の冬に来た新しいバラ、少し遅れて咲きました。
Heritage
f0084747_1225880.jpg

ミルラとレモン漂うスパイシーな香りと繊細な花形。
僅か数日で、しおれる前にはらはらと散ってしまう潔さが魅力。
遺産という名がふさわしいバラです♪
f0084747_123816.jpg

今年の初夏のバラ、なかなかと満足できました。
心残りは花フェスタ記念公園にまだ行けていないこと。
来月に入ったら行けるかな。
[PR]
by rechereche6 | 2008-05-22 02:15 | ♪English Roses

雨のあと

この季節、次々と咲くバラにUPが追いついていきません~。
出かける前に、とりあえずカメラを持ってベランダに出るのが日課です♪
夏日の翌日は雨が降り、前日とは10度近い温度差でした。
<Glamis Castle>
f0084747_16141716.jpg

グラミスキャッスルは今年もコンパクトに、うなだれるように咲いてくれました。
<Charlotte>
f0084747_16222946.jpg

自由奔放に枝を伸ばすお日様が似合うシャルロットも、今日はしっとりと。
f0084747_16403668.jpg

[PR]
by rechereche6 | 2008-05-07 16:24 | ♪English Roses

夏日

30℃を超える夏日が2日続いた名古屋のGW、
今年も暑くなりそうです。

<Margaret Merril>
f0084747_571693.jpg

f0084747_572841.jpg

強くて濃い葉との清々しいコントラストが暑さを和らげてくれます♪

<william shakespeare 2000>
f0084747_5174380.jpg

目の覚めるような深い色のウィリアムシェイクスピア2000
我が家では何故かお手洗いに飾るととっても映える(笑。

今日は実家の両親が旅行で家を空けていたので
お嫁入りしたバラ達の水遣りに行ってきました。夜の11時過ぎに。
遊びに来てくれた友達にも無理矢理つきあってもらって夜のドライブ☆
実家ではガートルードジェキルが満開でした。
[PR]
by rechereche6 | 2008-05-05 05:23 | ♪English Roses

♪一番花♪

一番花が咲き始めました♪
<Sharifa Asma>
f0084747_217116.jpg

<Princess de Monaco> 
f0084747_2191940.jpg

2年目を迎えたプリンセス・ドゥ・モナコ。
今年は開いた花の大きさが20cmにもなりました(^^)/
[PR]
by rechereche6 | 2008-05-03 02:49 | ♪English Roses

今朝の蕾

<Sharifa Asma>                   <Gertrude Jekyll>     f0084747_784265.jpgf0084747_785373.jpg














<Princess de Monaco>              <Margaret Merril>
f0084747_7151862.jpgf0084747_7152842.jpg











お昼には咲いてくれるかな。一番花の香りが楽しみです♪
[PR]
by rechereche6 | 2008-04-28 07:18 | ♪English Roses

ぽかぽか陽気

<Teasing Georgia>
f0084747_1113616.jpg

ここ数日のぽかぽか陽気にバラの芽もぐんぐんと伸び始めました。
写真は「今週、いちばん伸びたで賞♪」の新しく迎えたER:ティージングジョージア。
もう増やさないと決めていたのに、植え替えで全ての鉢をサイズダウンしたら、
「あら?まだ置けるんじゃない?」と、ついつい、ついつい、2種類も増やしてしまいました。
もう1種類はヘリテージ。色々と悩んで2種類に決めたので5月の花が楽しみ!

Yve・Piaget>                   <Glamis Castle>
f0084747_0221885.jpgf0084747_0224165.jpg













この暖かさに虫達も目を覚ます頃ですが、無農薬派には残念なニュースがありましたね。
中国生まれの碧露、私も使っていたので・・・。
ロテノンという、日本では未登録の殺虫成分(天然由来)がこの商品から検出され、使用中止と自己回収を農林水産省が呼びかけています。
すぐに、購入先の木紅木さんから返送用ラベルを同封した回収に関する文書が届いたので
手続き済みですが、販売元の会社が代替用品を完成させ次第、夏を目安にその代替商品を送ってくれるのだそう。(碧露は1年ほど前に購入したもので、すでに1/3しか残ってませんが)
天然成分が日本の生態系を乱してしまう可能性もあるのですね。
各国で認可されている食品添加物の種類が違うように、農薬のカテゴリーや安全性も複雑。
ちょうど年末に、沖縄に生息する月桃から作られた「月桃エキス」が手に入ったので
しばらくこちらを試してみたいと思います。
薄めてスプレーすると、しょうがに似た清涼感のある香りが漂います。
暑い夏は、ガーリックの香りのニームオイルより使いやすそう。
f0084747_16202292.jpg

[PR]
by rechereche6 | 2008-03-13 01:12 | ♪English Roses

雪と薔薇と

f0084747_23192258.jpg


f0084747_23264643.jpg

突然の大雪でしたね。
渋滞や交通規規制で足止めをされてしまった方、お疲れ様でした。我が家も下呂温泉へと出かけていたのでその帰り道、舞ってきた粉雪がみるみる間に道に山に積もりだし、冷や冷やしながらの帰路でした。といってもハンドルを握っていない私は久しぶりの大雪に窓を開けては、はしゃいでいましたが。まさか名古屋へ近づくほど雪の量が増えようとは!
犬山辺りでの積雪に、急に、先日剪定したばかりの薔薇が気になりだし・・・。
f0084747_23312936.jpg

帰って一番にベランダへ。今年はどれも休眠せず、1月末には新芽を伸ばし始めていたので雪で凍ってはいないかと心配だったけれど無事でした。
この休眠しない状態に、石灰硫黄合剤の散布、剪定の次期にもちょっと悩みました。
昨年カイガラムシを付けてしまったので、1月末ギリギリに思い切って20倍の石灰硫黄合剤を散布、先週にやっと剪定を済ませたところ。剪定後には木酢液と碧露を濃い目に土にも枝にも散布。あとはあまり冷え込まないと良いのですが。新しいアイアンプレート、それぞれの薔薇の定位置、これからゆっくり考えます(^^)
[PR]
by rechereche6 | 2008-02-10 23:51 | ♪English Roses

Charlotte

f0084747_1141414.jpg

一輪だけ咲いてくれました。ERのシャルロット。
先日よくよく見たら、白いフワフワとした綿のようなものをところどころに発見!
ネットで検索したところ、病気と思いきやどうやらカイガラムシみたい。
こんなフワフワなものが、虫だなんて。歯ブラシで落とすか薬剤散布するか悩み中・・・。

ところで今年のバラの植え替え、なんとか11月前半には終わらせようと思っています。
バラが休眠前の11月に植え替えをするという、この思い切った方法
soukichiさんから紹介いただいたブログ、Fragrance Worldで拝見したもの。
11月後半から12月まで病院の予定があれこれつまっている今年の私には
本当にありがたい方法なのです。
植え替えに備えてブログにお邪魔したところ、なんともう管理人さまは植え替えを始めていらっしゃいました。は、はやい。私も土と肥料は購入済みです♪
土は例年通り「花ごころ」の専用土を、元肥&追肥は初購入の
『すべては薔薇のために・・・byバイ○ゴールド』とうとう手を出しちゃいました(笑。
だって、これ。綺麗に咲かせている方々が決まって使用していらっしゃる!
無事すみましたら、植え替えの様子をUPしたいとおもいます。
[PR]
by rechereche6 | 2007-11-08 01:50 | ♪English Roses

White Roses

2種類のホワイトローズが咲きました。
<Glamis Castle>
f0084747_3104931.jpg

目にすると思わずほほえんでしまう、グラミスキャッスル
f0084747_3115739.jpg

ずっと何かに似ていると思っていたら、soukichiさんが「ふかふかの鳩の羽」と
表現されていました。
<Margaret Merril>
f0084747_3162596.jpg

こちらはフロリバンダローズのマーガレットメリル
f0084747_3181644.jpg

ERに比べると控え目でありながら、目をひいてしまう清楚さ。
開ききると、ワイルドローズのような可憐な花形に。

ちょっとおまけで、一緒に咲いたマゼンタ色のローズ
<Yve・Piaget>
f0084747_3233777.jpg

なんでしょう、色も形も派手なのに、上の白組と比べるとなにやら仕事が荒い感じが・・・。
でもこのイブピアジェ、ミニチュアローズと変わらない大きさで、細い枝を2本、ひょろひょろっと伸ばしているだけなのに、毎シーズンきっちり大輪を2輪咲かせてきます。
そして香水の原料になるほど濃厚な香り。
どのバラも自分でも見とれてしまうほど可愛らしいんですけど、親バカ?
以前、ガーデニングを専門職とされている方に「ルーフガーデンのバラを全て植え替えて欲しい、剪定もして欲しい」との依頼があったそう。妊婦さんか病人かと思って行ったら
ただ単に面倒で毎年植え替えはプロにお願いしているお宅だったとか。
う~ん。それなら咲いたバラを買ってきた方が早いとおもうんだけど。だってお金かかえるばっかで楽しくなさそう。自分で手間をかけてこそ、綺麗に見えるってもんです。
[PR]
by rechereche6 | 2007-11-01 03:41 | ♪English Roses

Princess de Monaco

Princess de Monaco(HT)
f0084747_0211252.jpg

プリンセス・ドゥ・モナコ 咲きました。ゆっくりと開いていく様子が印象的。
f0084747_9382190.jpg

f0084747_022166.jpg

ハイブリットティにはイングリッシュローズとはまた違う品と魅力があります♪
1年に2回咲かせるのがベストということで、夏の蕾はカットしてしまうので
咲いたときにはなおさら綺麗に感じます。枝の収まりがよいのもベランダでは嬉しい。
ERのシャルロットは、今年の秋はご機嫌斜めなようで、枝が凄いことに!
天井まで届きそうなほど伸びているのに、蕾が一つもありません。
剪定は同じ時期にしたので、肥料不足か肥料過多でしょうか。
毎年季候も変わるし、それぞれの個性にあわせて育てられるようになるには
何年もかかるんでしょうね。
[PR]
by rechereche6 | 2007-10-13 00:47 | ♪English Roses